ビートルズがやって来る二ヤァ ! 二ヤァ ! 二ヤァ !



「人類は2種類しかいない。ビートルズを知ってる者と 知らない者だ」

そんな言葉をどこかで耳にした。


 みなさん、近頃♪ハード・デイズ・ニャイト♪ですね^^

今回は私の人生に多大な影響を与えた「The Beatles」です。


初めて聴いたビートルズは 小学校6年の時

「The Long And Winding Road 」

この名曲の深さ、今ならわかるのだけど

その頃の私の感想は・・・

「これがビートルズ?何だ、つまんない」

古~い映画でも見ているようで

何も心に響かなかった。

人生経験のないおこちゃまには

”馬の耳に念仏”だったのですね。


中学生になって

「抱きしめたい」を聴いた。

これがホントのビートルズ!

直感的にそう思った。


こんな風にやっていいんだ。

既成概念に縛られる事なく

もっとボクらは自由でいいんだ。

エネルギーの解放を感じた。

まるで赤ん坊の泣き声のように

何か原始的なパワーを



ビートルズでどの曲が好きですか?と問われたら

全曲のうち7割以上ピックアップしてしまうと思います。

巷によくあるランキングとか、無理ですね~


ただ、ビートルズを知らない人に紹介するとしたら

これかな~?っていうのはあります。

彼らのエッセンスがいっぱい詰まっていて

「わ~っ、ビートルズだぁー♪」って曲!

ビートルズ・ワールドの入口の看板みたいな曲


The Beatles- She Loves You (1963 Live)



「人類は2種類しかいない。ビートルズを知ってる者と 知らない者だ」


それぐらい

何世代も後の自分にさへ

直接的にも間接的にも

影響を与え続けている 4人のミュージシャン。

彼らが登場した時の世界の衝撃たるや

どれほどスゴイものだったのだろう?

リアルタイムで体験したかったなぁ~


スポンサーサイト

ドナドナ

ギターを初めて手にした頃

よく弾きながら口ずさんだものです

アメリカのヒットソングなのに

こんなに素朴で悲しいメロディ

それがなんだか暖かいようでもあって


その意味を知ったのは 随分後のことです。



   荷馬車の上に 子牛が一頭

   ロープにつながれ 横たわる

   高い空 ツバメが一羽

   楽しそうに 飛び回る


   笑い声が麦畑を吹き抜ける

   笑って 笑って 笑って・・・

   一日中笑っていた

   夜の間でさえも


    ドナドナドナ…


   牛は泣いている 農夫が言った

   牛になれと誰が言った?

   鳥になれなかったのか?

   ツバメになれなかったのか?



   つながれた哀れな子牛

   運ばれて屠畜される

   翼を持つ者は高く飛び

   誰にも隷属しない


Donna Donna ~ ジョーン・バエズ





アメリカのフォークシンガー、ジョーン・バエズによって

有名になり世界中で歌われるようになったこの曲




原曲の歌詞の『子牛』とは

収容所に連れて行かれる『ユダヤ人』

『ドナドナ』は牛を追う時の掛け声と

『アドナイ アドナイ(ユダヤ教の神)』を掛けたものらしい。




日本では童謡として訳されています。




鳥たちは楽しそうに飛んで

不自由な子牛を笑っているのでしょうか?


アメリカが北朝鮮への攻撃準備を完了したそうです。

でも

ここまで北朝鮮を追い詰めたのは誰なんでしょうか。

ギリギリまで追い詰められたら牙をむく以外に
どんな方法があるんでしょうか?

自分の国のことばかりでなく誰かが
手を差し伸べていたら
こんな事にはならなかったと思うのです。

いちねんせい



ランドセルに夢いっぱい

詰め込んで

胸はって歩くよ

桜の咲く道を


こんなに大きな いちねんせい

わたしは今日から いちねんせい

目に映るものすべてが

まぶしくみえた 春の日



お弁当も持ったし

教科書も忘れない

いろんなことを学ぶんだ


しぜんのこと

いのちのこと

ぼくたちがなぜここにいるのかを


たとえ辛い出来事が起こっても

素敵な色に塗り替えるんだ

わたしたちは

そんな 絵の具を もっている



こんなに大きな いちねんせい

わたしは今日から いちねんせい

目に映るものすべてが

まぶしくみえた 春の日



ランドセルに夢いっぱい

詰め込んで

胸はって歩くよ

桜の咲く道を


表現~伝えること



それはたぶん

周りの空気とか世間の風潮とかじゃなくて


感じた事や言いたい事って

その時その時で違うから

出来るだけ素直にそして自由に

ブログに残したい。


自分の心の内を明かす事って

弱い部分をさらけ出すようで

ある意味恥ずかしかったりもするのだが

なにか表現したかったり伝えたかったり



他の人のブログを読んでいて

いつもすごいなぁと思う

だって、言いたい事が言えてるもの



私は文章で伝え切れてないから

感情の部分はいつも

音楽の動画に頼ってる

それでも言いたいことが言えてるのか

何かがいつも、もどかしい



上手い文章よりも、誰かの心に届く文章を書きたい



歌、踊り、写真、絵、詩、映像、建築、スポーツ、エンターテイメント

そして、ありとあらゆる文化

表現手段は様々だけど

せめて自分の言いたい事ぐらいは

人に伝えられる人間にならなきゃ


早川義夫 この世で一番キレイなもの



きみはずっといっしょだよ


さよならの言葉☆八神純子



別れて初めて生まれる感情ってあるね

そんな想いがひとり歩きして

淋しくてたまらないから

おしえてくださいね


元気ですか?

幸せですか?

私はこれから

もっともっと元気になるし

もっともっと幸せになるけど

けして

君を置いて行ったりはしないからね


道を踏み外した時は叱ってくれるよ

道に迷った時は明かりをつけたくれるよ



別れたことの喪失感よりも

出逢えたことの奇跡

きみのことは一生忘れないから

きみはずっといっしょだよ

ルコさんのいた春


そう、あれは4年前の春

ぬこさんにおやつのちくわをあげたら(ぬこさんはちくわが大好きなのです)

その日はなぜか、ちくわを咥えてどこかに行ってしまった。

いつもなら、その場で食べてくれるのに・・・

そして、次の日も・・・


不思議に思い、そぉ~とぬこさんの後をついて行く。

少し歩いてぬこさんが立ち止まる。

「ミャー ミャー」

仔猫の鳴き声。

ぬこさんの向いてる方に目をやると

軒下から 小っちゃな顔がのぞいてた。


ルコさんとの出逢い。



   ∧,,▲
   (・д・,,)
   (uu_)/




すぐにボクらは仲良くなったね


ぬこさんとルコさん


君たち親子を見ていると

父さん、母さん、姉さん、弟・・・

バラバラになる前の家族を思い出したよ。


暖かい陽だまりの中で輪になって

いっしょにごはんを食べたね。


 

 

あれから4年、

ルコさんは今、天国に。

姿は見えないけど

いっしょにブログを書いてくれています。



ルコさん、君と出逢った春だよ。




今でもこのドアをあけたら

君が走って来るような気がしています。





佐々木 好   春



ルコさんのいた春を思い浮かべて

また絵でも描いてみようかな

便利と危険



車って便利なもの

しかしそれによって

亡くなった尊い命は 数知れず

命よりも便利を選ぶということか


こんな面積の小さい島国で

走る凶器を大量生産

高齢者が増えたら

そら事故も起こるわな

あんな危ないものがビュンビュン走っとったら

おちおち散歩も出来やせん


スピードってやつは

ただでさえ短いヒトの一生を

さらに縮めるものじゃて

道路はルールだらけで

ワシらは足の踏み場もなくなっちょるばい

こうなったら、いっその事

空でも飛ぼうかのぅ。ドロ~ン



ところで、3月10日

免許の更新に行って来ました。


往復約3時間

試験場へ行って帰って来るまで

およそ6時間


べらぼうに長い待ち時間の中で


「あ~もっと短時間で更新出来ないかな~


今話題の自動認証システムを使って

ネットで完結できたらいいのにな~」なんて

不謹慎な事を考えて講習へ・・・


印象に残った話しは

「自分が安全運転をしているからって事故を起こさない保証は何処にもない」

そして・・・


ほんの一瞬の不注意が

自分や他人の人生を奪ってしまう事もあるのです。



単なる手続きで

簡単に更新出来てしまえば

人はさほどその資格に「重み」を感じないから

なるべく大変なほうがいいのでしょう。

ドライバーとしての「資格」には「責任」がついてまわる事を

もう少しキチっと受けとめよう


他人がいる。それが社会。

車の運転に限らず生活態度全般に対して

襟を正す1日となりました。


償い2014 / さだまさし / cover:伸[nobu]



今週のやっちゃいましたさん




みなさん

PCのソフトをインストールする時って

フツーは「program files」に入れますよね?

ところがわたしは何を思ったのか

インストール先を「desktop」にしてしまって

ソフトを起ち上げ

「やっぱコレいらね」って

デスクトップにあるそのソフトの

アンインストールボタンをクリックしたんです。






すると次の瞬間・・・




あれよあれよと言う間に

デスクトップ上のアイコンが消えて行って

これはヤバいと強制終了!

結果、7割ほどのデータが無くなってしまいました。

実は、頻繁にアクセスするソフトやデータは

すぐに使いたいので

ほとんどデスクトップに置いていたのです。




PC関係のミスは もとに戻すのが大変だけに

さすがに凹みます。




教訓

「めんどくさいからと言って横着すると、さらにめんどくさい事になる」


現在、地味~な復旧作業に追われています!



サラダの国から来た娘


この曲に出会ったのはもう随分昔のこと

当時は

「何甘っちょろいこと言ってるんだよ」なんて思っていたくせに



今あらためて聴いてみると

さり気ない優しさに

じ~んときて

今さら”ありがとう”なんて言ってる

なんてドジなんだろうね



サラダの国から来た娘 - イルカ



空っぽ




時々・・・

言いようのない心の空白に襲われる事がある。


楽しいことがない訳じゃない

やりたい事もたくさんある

ちょっと疲れてるのかな?

こんなに世の中、情報だらけなのに

わからないことが多すぎる。


考えても仕方のない事なら

考えるのはもうよそう


余計なものが入ってるコップなら

空っぽのほうがまだマシだからね。




ここにいる私は 私なのかしら

あなたはきっと わたしの心の

翼だったのでしょう


イルカ - ぬけがら



プロフィール

ぬこさん

Author:ぬこさん
愛と感動の猫ブログ。
家で猫を飼いたくても飼えない猫好きな人などは
きっと共感していただけると思います。
ぬこさんたちの画像や動画も交えて
完全ノンフィクションのリアル猫物語。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
4557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

996位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ぬこ