2017. 07. 15  



今週の歌

17日は海の日ですね。

小島麻由美 「真夏の海」




サマージャンボの季節という事で

今回は猫と宝くじのおはなし


幸運を招く猫が居る宝くじ売り場が

全国にたくさんあるそうです。


猫の居る宝くじ売り場は、よく当たるらしいです。



「福ちゃん」などが有名ですよね!


【宝くじを買うならここ!】の幸運ネコが”当てた”宝くじ4億円!




宝くじ売り場の元販売員さんが見た当たる人の特徴は、

なぜかみな猫を飼っていたという。


猫と暮らしている人がすべて

宝くじを当てたというわけではないが

当たった人はほとんど猫を飼っていた。


根拠のほどは説明されていませんが


元販売員さんの経験で語られたものです。



因みに、だから猫さんを大事にしようという話しではないですよ。


ただ、私たちの大好きな猫さんと


一緒に夢を見られるなんて


素敵だなと思ったからです!


スポンサーサイト
2017. 07. 08  
野良猫って言わないで


生きてくために


食べ物を探していただけなんだよ


追い払われたり


石を投げられたり


人が信じられなくなってるだけさ




ヒドイ人は「害獣」って言う


やさしいひとは「可愛そう」って言う

お母さん・・・

ぼく

生まれて来ないほうがよかったの?



みんなと同じ命を生きたいよ


だから


野良猫って言わないで









2017. 07. 01  


もうすぐ23









購読しているメールマガジンに最近

こんな事が書かれていました。


先日の小林麻央さんの死のこと。


今世で得たもの。

地位や名声、お金やスキル

肩書きやアイデンティティも

あの世には持って行けないこと


死ぬことは「無」になること

だから一度きりの人生を精一杯生きよう。


という内容でした。


    ゚●゜  

   ゚●゜

    ゚●゜

   ゚●゜


人は死んだら「無」になる・・・

「無」って何だろう?

何もかもなくなってしまうって

どういう事なんだろう?




”肉体は魂の仮の宿”と言われてます

身体という乗り物に一時的に乗っているだけで

この命は仮住まいのウィークリーマンションだとしたら

わたしたちは何度も生まれ変わりながら

魂を成長させて行く「存在」であって

「無」ではないということになるでしょう。



人はひとりで生まれて

ひとりで死んで行く


だけど命が尽きてもその魂は

何処かで誰かと共鳴し合っている


そして新たな「乗り物」に宿るのでしょう



死んだら「無」になるから

今を大切にするのではなく

共鳴する魂があるから

今を大切に過ごしたいのです。


ご清聴ありがとうございました(笑)



2017. 06. 24  


こんにちは

夜の方はこんばんは

朝の方はおはようございます。


いつもならこの時期は

ジメジメと不快な毎日のはずですが

ぬこさん地方(大阪)はこれまで

ほとんど雨も降らず

割とカラッとしてました。



   


24日の晩ぐらいから

ず~っと雨になるそうです。

よって

これからしばらく聴く音楽は


”雨系”が多くなると思います。



雨の曲ってたくさんあるけれど

いちばんに挙げるとしたらコレかな

小さい頃から好きでした。



雨にぬれても- 訳詞付き




お天気に良いも悪いもない。

それを解釈する「心」があるだけ・・・


2017. 06. 17  


いつもの通りみち

今日は何か「鳥」が多いなぁ~って思っていたら


喫茶店の裏口でママさんらしきヒトが

鳥に餌を撒いてた。

パン屑のようなもの。

ごはんタイムだったのかな?

ちょうど私がそこを通りがかったわけです。




ママさんは私に気づいて

手を止めた。



道行くひとの中では

鳥に餌をあげるのを

快く思わないひともいるだろうから

少し後ろめたい気持ちもあったのかも・・・



そんな優しいママさんに

私はそんな人間じゃないと

なぜか意思表示をしたくて

とっさにとった行動は・・・


”鳥のマネ”





ママさんにはウケたけど

鳥さんたちには白い目で見られたというお話しでした。


おちまい



2017. 06. 10  


先日、教育関係のブログさんからの訪問がありました。

どういうルートでココにたどり着いたのか

全くわかりませんが

さぞガッカリした事でしょう。

って

なんでやねん!


ここで私は文字をにして言いたい。



猫さんから学ぶところは大きいですよ~


だいぶ前に

ぬこさんが子ぬこさんに

獲物の捕らえ方を教えてる様子を記事にしましたが、そこで

「教育は愛でなければならない」

「教育は洗脳であってはならない」

みたいな事を書きました。



子供のころ、夏休みの映画館で見た「ゴジラの息子」

ゴジラが息子のミニラに

火の吹き方を教えてるシーン。


親は子供に

生きるチカラを身につけさせる。


幼いながらも


「教育の本質」を見た気がしたのです。




現在の教育って何かゆがんでいないだろうか?

誰かの利益のために洗脳しようとしていないだろうか?


よくよく考えてみたら

私たちの知識や価値基準は

それまでインプットされた「情報」によって成り立っている。


「情報」のすべては拡大解釈すれば「洗脳」とも言える。



同じ洗脳されるなら

有意義な洗脳をと思う今日この頃なのです。




この音声を聴かれたらショックを受けるかも知れません。

今まで常識と思われていた「ウソ」がバラされているからです。

少し長いですが

お時間のある時にぜひ聴いて欲しいです。


癌という病気は存在しない。(前編)



癌という病気は存在しない。(後編)


2017. 06. 03  



ある朝のコンビニにて・・・

少し寝坊してしまって

仕事に遅れそうだったので

ゆっくり朝食をとる時間もなく

コンビニに駆け込む。


サンドイッチとおにぎり、缶コーヒー

両手にかかえてレジの台に乗せる。

ポケットから財布を取り出して

え~と、え~と、カードカード


慌てている私をさらに急かすように

店員の兄ちゃんが


Tポイントカードお持ちですか?

今出すとこやっちゅ~ねん!

わかってることを先に言われるとイラっとすんねん!




こんなことって皆さんありませんか?

後になって冷静に考えてみると

別にどうって事もないのに

お腹が空いてる時に怒りっぽくなるのは

血糖値が下がっているためだそうです。


そんな時のいちばん手っ取り早い対策は

「飴を舐めること」です。


「なめとんかい」って言われそうですが


Tポイントカードお持ちですか?

って言われる前に

カードを出そうという努力よりも

飴を口に入れるほうが簡単だと思います。


コミュニケーションの場では是非「飴ちゃん」を



あと、音楽は空間を変えるパワーを持っています。

コンビニでこんな曲が流れていたら



Tポイントカードお持ちですか?


って言われても

さほどイライラしないと思います。

ヨハン・シュトラウスⅡ世-美しく青きドナウ



優雅で爽快な気分で

「チョット待ってね」なんて言えそうです。


かなり主観が入ってますが・・・

「気分」ってかなり重要です。



2017. 05. 27  


おかげさまで風邪もよくなりました。

前回の記事で

コメント下さったみなさん。

アドバイスなども頂いて感謝しております。


風邪は治ったのですが最近ミョーに

身体がだるかったり

朝起きるのが辛かったりで

よく言われる五月病的なものかなと思い

少し時間もあったので調べてみました。

今回の記事は

「にゃに・コレクション」を予定してましたが

急きょ変更いたしまして

この時期における「だるさ解消法」について書かせていただきます。

体調の良くないブロともさんもいらっしゃいますので

少しでも参考になればと思います。




春から夏にかけては、太陽の熱で大気が温められて、軽くなります。


空気は軽くなると上昇する性質があります。


そのため、、自分達が生活している環境からは空気が少なくなってしまいます。

これが低気圧です。


ちょっとした気圧や気温の変化は

自律神経のバランスを乱します。

乱れた自律神経のバランスを整えるには

呼吸法が有効です。



自律神経を自分で整える!一分間呼吸法!




生活習慣では

・パターン化を避ける

・なるべく歩く

・好奇心にまかせて色々やってみる

・眼球を素早く動かす

・空腹の時間を持つ(間食をしない)



食事に関しては

タマネギ(血液をサラサラにする)


白湯を飲む

今日から試したい「白湯」健康&美容法!全身の毒素を流すデトックス効果【Dr.Ben*】


健康はすべての生活の土台ですね。

皆さんの大切な時間が充実したものでありますように・・・


2017. 05. 20  
風邪ひいてます

頭ボ~っとしながら書いてます

シンドイので記事休もうと思ったのですが

習慣って恐ろしいもので

何か書かないと気持ちが悪いというか・・・


♪母さんのお膝へ 帰ろうかな帰ろかな~♪

カゼ薬のCMであったな~


猫ぬこさん「ゴチャゴチャ言ってにゃいで、さっさと寝にゃさい」

人ぬこさん「はい」

2017. 05. 13  


ぬこさんが家に遊びに来たときは

いつでも出入りできるように

家のドアを開けたままにしている。


家に入る時はいつも気軽に入って

ちょ~リラックスしているのだけど

ドアを閉めた瞬間、人(猫)が変わったように

泣きだすからだ。

それはもう、すごい勢いで

「開けて~開けて~」って

普段こんなに仲良しなのに

ドアの開け閉めだけは、いつまでも無理みたい。



  ∧,,∧
 (,,・∀・)ぬ~こぬこ
~(_u,uノ





数年前からの夢・・・


ぬこさんといっしょに住みたい。


ペット可の家に住み 仕事は自宅で

でも、肝心のぬこさんが それを望んでいないとしたら

私の夢は単なる「エゴ」



いくら人間が室内の生活を

快適だと思っていても

長い間、そと猫として生きてきたぬこさんにとって

それはとても不自由なことなのかも知れない。

ドアを閉めた時 泣き叫んだぬこさんは

閉じ込められたと思ったに違いない。


ぬこさんが仔猫の時に出逢っていたら・・・


考えてみると私だって

今突然、家がなくなって外ニンゲンになってしまったら

どうやって生きて行けばいいのか

野良びとの生活なんて出来やしない。


今、自分で書いて笑ってしまった。

野良びとって・・・


γ⌒ヽハ,,ハ ニャ?
("_) (,, ・ェ・)  



人間のぬこさんの気持ちは

ただいつも一緒にいたかっただけ

勝手だったね。

ごめんね、ぬこさん。


うちねこさんが幸せで そとねこさんが可哀想というのは

人間側の思い込みなのかな?


ひとつ屋根の下で暮らすなんて結局、

自分本位の夢に過ぎなかったんだね。


でも、ここへ来たくなったら

いつでも来るんだよ!


今日は雨が降ってます。


家のドアあけとくからね。


プロフィール

ぬこさん

Author:ぬこさん
愛と感動の猫ブログ。
家で猫を飼いたくても飼えない猫好きな人などは
きっと共感していただけると思います。
ぬこさんたちの画像や動画も交えて
完全ノンフィクションのリアル猫物語。

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

449位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ぬこ