FC2ブログ
偶然出会った猫ちゃんが愛を教えてくれた。ごめんね。そして、ありがとう。
 こんにちは7
2013年10月25日 (金) | 編集 |
数日が過ぎて、二匹の子猫ちゃんも

ボクに慣れてきた。

雨の日は部屋のドアの前に来て

ぴぃぴぃ鳴く。

胸がしめつけられる想い。

お願い、泣かないで。

即席の家をダンボール箱で作ってあげた。


スポンサーサイト




 こんにちは6
2013年10月25日 (金) | 編集 |
集合住宅だから他の住人も行き来するわけで
その中には猫ぎらいもきっといるだろう。
そんな人に捕まったら何されるかわからない。

アパートはペット禁止。

「猫に餌をあげないでください」

管理人の張り紙。

お母さん猫は帰ってこない。

どうしよう?

このちいさな命を見捨てるなんて・・・



 こんにちは5
2013年10月25日 (金) | 編集 |
お母さん猫を見なくなった。

二匹の子猫ちゃんだけはいつもいる。

ボクが近くに寄ると

隅っこに逃げて・・・

やっぱり人間が怖いのか

小さな体が震えている。

小皿に牛乳をいれてあげた。

飲まない。

ちくわを小さくちぎってあげた。

食べた。

ウレシイ。



 こんにちは4
2013年10月24日 (木) | 編集 |
お母さんネコはいつもそこにいるわけではない。

二匹の子猫ちゃんを残してどっか行ってる。

餌でも探しに行ってるのか

もっと住みよい場所を探してるのか

あの時ボクを威嚇したのも
子供を守るための母親の
本能というか愛情

なんか生き物の根源的な姿を見せ付けられて
生きるために必死な彼等が
いじらしく、そして愛しく思えた。



 こんにちわ3
2013年10月24日 (木) | 編集 |
追っかけまわしてから間もなく

ちょっとやりすぎたかな?

悪い事しちゃったかなって想いがわいてきて

ドアを開けてそっと様子を見てみると

意外にキョトンとした表情でこっちを見てる。

お詫びのしるしに冷蔵庫にあったちくわをあげたら

警戒しつつも少し食べてくれた。